転職の面接時に問われる仕事を変わる理由について

多くの場合、転職活動を成功させるためには、どうして転職をするかが言えなければなりません。どういった事情があって、今このタイミングで転職を志したのかは、必ずといっていいほど聞かれることです。転職をすることに決めた理由が、新しい転職先を決めた理由ににもなりますので、はっきりと答えられるようにしておきましょう。転職の動機には、これが答えというものはありません。一人一人の考え方や、事情によっても異なります。残業が多すぎる、給料が足りなすぎる、気の合わない人がいる、会社の方針が納得いかないなど、動機は様々です。数ある中でも、面接担当者の印象を悪くする可能性の高いものがあるので、注意しましょう。スムーズに転職をするために、何を言うと面接官の評価が下がりやすいのかは、知っておきましょう。前の職場の人間関係を、転職の動機にすることは、避けたほうがいいでしょう。今の職場で人間関係の問題が発生していると聞くと、新しい職場でもまた人間関係の問題を発生させる可能性があると判断されやすくなります。給料が安かったから、待遇がよくなかったからという理由で転職をしているという話も、よりよい転職先に移動しやすいと判断され、マイナス評価になります。採用担当者が、あまりいい印象を抱いてくれないようなことはできるだけ言わず、実際の話と齟齬が大きくならない範囲で表現しましょう。仮にネガティブな内容が本当だとしても、志望動機はステップアップしたい等の前向きな回答を用意しておくことをおすすめします。
クリーミューで毛穴は小さくなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です